産廃の破砕機でパワーECO〜木材の再利用等で使う〜

木材

カッター式の物

男性

産廃の粉砕機には、カッター式と呼ばれるような物があります。カッター式はエネルギー効率が高く、経済的な商品もあります。また、壊すものにより刃の形やレイアウトを変更することが出来ます。

詳しくはこちら

物に合わせて

作業員

破砕機の中には自然石やコンクリガラ剤の破砕に向いているものもあります。コンパクトなものの場合、トラックで輸送を行うことも可能です。製品を選ぶ際には、特殊機械を専門に扱っている業者に問い合わせて見ることも大切です。

詳しくはこちら

物を砕いて利用する

産廃の破砕が出来る機械をお捜しの方はこちら!価格が心配の方は、低コストでレンタルすることも可能ですよ!

工場

産廃は様々な物がでます。産廃の中には、さらに砕いて再度利用するという物もあります。一般的なものが木材です。伐採された木材や、木材加工で出た廃材をさらに細かくすることにより、チップにして再度利用するという方法です。しかし、これらは専用の機械をもって、細かくしていくことが必要になります。そのような時に使われるものが破砕機です。また、木材以外にも自然石やその他の物質を砕いて再度利用するということがあります。機械には、多くの種類があるので砕きたい物によって、機械を選んでいくことが必要です。大きく分けると、ハンマー式やカッター式等の物があります。ハンマー式は、物を砕いていく際に力が強く、内部は超耐摩プレートで保護されています。木材をチップにする際によく利用されているものです。

物を砕くという機械は専門的なものなので、特殊機器を扱う専門の業者があります。業者の中には、製品のレンタルを行なっている所や、中古製品の販売を行っている所もあります。商品を安く購入したいという場合や、そこまで長い期間使用しないという場合は、レンタルや中古製品を利用することが可能です。また、業者を選ぶ際には、購入後もアフターケアがしっかりとしている業者を選ぶことも大切です。定期的にメンテナンスを行なってくれるような会社や、万が一のトラブルにもしっかりと対応を行なってくれる所を選んでいきます。また、購入前にもあらゆる相談に乗ってくれる所を選ぶことが必要になります。

コストカット目指す企業はPLCの修理を行いましょう。高い技術力でプログラムの不具合を改善することが出来ますよ。

木材の処理方法

笑顔

産廃は業者によって様々です。木材加工や森林の伐採を行なっているような企業の場合、木材が出ることがあります。破砕することにより木材チップ等に加工を行うことが可能です。

詳しくはこちら